FX初心者はまず何をしなければならないのか

FXの概念とは

四角形、三角形

四角形はボックスやレンジなどと呼ばれ最も基本的なパターンです。
四角形は、同じ方向にトレンドの転換がなければ抜ける可能性が高いです。
さらにレンジが長ければ長いほど、上昇や下降の勢いが高いと言われています。
ただ、突き抜けるポイントがわからないため段々と値幅が狭くなります。
三角形は別名トライアングルやペナントなどと呼ばれ、同じ方向にトレンドの転換がなければ抜ける可能性が高いです。
三角形の末端から底辺までの長さの半分あたりを通りすぎると飛び出す確率が高いです。
しかし、それ以上過ぎてしまってもまだレンジの中に止まっている場合、価格はしばらくの間、レンジの中でひたすら彷徨い続ける確率が高いです。
さらに三角形とは違う逆三角形というのがありなかなかのレアなパターンがあります。

はた型、くさび形

はた型とは別名フラッグと呼ばれ、トレンドとは逆向きに傾くパターンです。
はた型は急激な下降と上昇に現れることが多いのでそれまでのトレンドで同じ方向に飛び出る確率が高いです。なのでこのパターンが出たらトレンドに合わせた売買を行うといいと思います。
くさび形とは、はた型と同じくトレンドとは逆向きに傾くパターンでウェッジとも呼ばれています。特性ははた型と同じくトレンドに合わせて同じ方向に飛び出る確率が高いです。
上昇三角形は別名アセンディング・トライアングルと呼ばれ、下辺が上昇して上辺が水平でしているレンジパターンです。
上昇三角形は、上昇下降トレンドに関係なく、上方向に抜ける可能性が高いです。買い手の方が売り手よりも積極的であるため下辺が切り上げているので強気パターンとなります。
下降三角形はディセンディング・トライアングルとも呼ばれて、上辺が下降で下辺が水平しているレンジパターンです。


PAGE TOP