FX初心者はまず何をしなければならないのか

FXで失敗する人

ポジションとレバレッジ

FXの初心者が陥る失敗として明確な根拠を持たず常にポジションを持っていないと心配で仕方ない状態は危険です。スキャルピングトレーダーやデイトレーダーはスワップ取引をするために常にポジションを持っています。
問題は、明確な根拠を持たずにポジションを持って、負け続けていることです。
一定期間のデータで負けてしまっているならちゃんとした目的と戦略を立ててポジションを持ちましょう。
レバレッジをかけすぎて大損するのも初心者の特徴です。レバレッジは最大25倍までかけることができて多くかけることによって大儲けができますが大損する可能性も上がります。証拠金取引によるレバレッジの適正な設定を感覚でわかるようになるまでは低レバレッジにしましょう。

ロスカットや勉強不足

FX初心者が失敗する代表的なものの一つとしてロスカットの設定をしないで大幅な損失をしてしますパターンがあります。
トレードはどんなに予想や勉強をしても予想とは逆に行くことがあるので逆に行った時が予想以上だった場合、その分大損します。そうならないためにもここまで予想通り行かなかったらロスカットを設定して保険をかけておきましょう。損失は小さいうちなら取り返すことができます。
これまで説明した通りFXトレードはかなり勉強する部分が多く、勉強しないで取引を行うのは無謀な行為なのがわかると思います。初心者の中でチャートが読めると過信して失敗する人もいます。チャートは過去の値動きから未来を予測することが可能です。なので過去のチャートも調べたりテクニカル分析をしてみたり一定パターンを覚えたりして勝つ確率を上げていきましょう。無料のオンラインセミナーでも質の良い勉強ができるので積極的に参加しましょう。


PAGE TOP